初心者のための超わかりやすいコード進行表

スポンサーリンク

コード進行とは、音楽のベースとなるコードが次々と変わっていくもので、初心者にとって、どのようなコードを組み合わせるのがベストなのかよくわかりません。

私(digmog)もよくわかりません!!

で、たまたまNHK 高校講座 数学基礎「第20回音楽と数学」を見ていたら秋山 仁先生がとても便利なコード進行表を披露していました。

そのコード進行表を書き出してみました。それがこちらです↓

初心者のためのコード進行表

表の見方ですが、例えばCメジャーの場合、下図のように線(赤色の線)でつながっているコードの相性がよく、スムーズにコード進行ができるそうです。

初心者のためのコード進行表

Cメジャーでは「C」「F」「G」「Cm」「Am」の5つのコードの相性が良いということになります。
Cメジャー以外でも、同じように線でつながっているコードが相性が良いということになります。

ちなみに、小室哲也さんの小室進行と呼ばれるコード進行
| Am | F | G | C |
もまさに上図がぴったり当てはまっています。

詳しいコード理論がよくわからなくても、上記のコード進行表を元に相性のいいコードを見つけて、コードを鳴らしていけば、違和感なくコード進行ができるようになります。

上級者には必要ないと思いますが、初心者の方の音楽制作に、上記のコード進行表が少しでもお役に立てれば幸いです。

参考:NHK 高校講座 数学基礎「第20回音楽と数学」
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/suugakukiso/archive/resume020.html

よろしければこちらもご覧ください↓

スグに使えるコード進行レシピ
スグに使えるコード進行レシピ
Aアマゾンを見る
R楽天を見る
クラブ・ミュージックのための今すぐ使えるコード進行
クラブ・ミュージックのための今すぐ使えるコード進行
Aアマゾンを見る
R楽天を見る

"コード進行"のYouTube動画 powered by Google

※関連のない動画が表示されることもあります。
スポンサーリンク