Ableton「ビンテージ機器のサウンドを得るには」チュートリアル公開!

Ableton「ビンテージ機器のサウンドを得るには」チュートリアル公開!

Abletonより「ビンテージ機器のサウンドを得るには」チュートリアル公開がされました。

近年では、高いサンプルレートとビットデプスでのサンプリングが可能となり、サンプリングタイムも実質的に無制限となりました。こういった柔軟性は数々の利点をもたらしますが、MPC60やSP1200といった従来のサンプラーのサウンドにも、代えがたい独自の特性があります。

新しいチュートリアルでは、このような従来のサンプラーをほうふつとさせるサウンドを得るための方法についてLoopmastersのLoopblogで行われた考察を紹介しています。Ableton Liveには、サンプルをスピードアップさせてからスローダウンさせるWarping、モノにサンプリングするUtility([stereo]パラメーターを0%に設定)、ビットリダクションを行うRedux(古いサンプルは12ビットにサンプリングされているものが多いのに対し、現在の標準は16ビット以上)など、これらのアドバイスを実際に行うために必要なツールが付属しています。

参照:ビンテージ機器のサウンドを得るには | Ableton

よろしければこちらの記事も!


"Ableton「ビンテージ機器のサウンドを得るには」チュートリアル公開!"のYouTube動画 powered by Google

※関連のない動画が表示されることもあります。