これは貴重!?NI Maschine SP1200モードとE-mu SP1200の音が聴き比べれるWavファイル!

これは貴重!?Maschine SP1200モードとSP1200実機の音が聴き比べれるWavファイル!

NI MaschineのSP1200モードとE-mu SP1200の音が聴き比べれるWavファイルが掲載されていたので、貴重かなとおもったのでメモっておきます。

フォーラム:http://www.gearslutz.com
Wavファイルへの直リンク:Maschine SP1200 mode vs Real SP1200.wav (2.87 MB)

上記のフォーラムに聴き比べができるWavファイルが掲載されています。
NIのフォーラムにも同じ記事があるのですが、そちらは音データがMP3のようです。

で、実際Wavファイルには、Mashineのノーマルモード、MaschineのSP1200モード、E-mu SP-1200の順番でスネア、キックがそれぞれ2回ずつ入っています。

Maschine – Snare, Snare…….Kick, Kick
Maschine SP1200 Mode – Snare, Snare…….Kick, Kick
SP1200 – Snare, Snare…..Kick, Kick

たいした耳を持っていません私の感想です。

やっぱりSP-1200は音が太い!!と感じました。
特にキックの低音(何Hzあたりといえればかっこいいのですが・・)が豊になった気がします。

また、Maschineの方が、Lo-fi感が強いと感じました。
特にキックの音を聴いている、高域のジャリジャリした感じが目立つ感じがしました。

このWavファイルがすべてではありませんが、Maschineの音をSP-1200に近づけるなら

  • 低音をEQでいい感じ上げる。
  • ローパスフィルタで高域をいい感じに削る。

って何も具体的にあげれず、「何HzをQいくらで何db上げたり下げたり」とズバリ言えればいいのですが、私の耳ではそこまで解析できません。

耳のいい方、よろしければ上記Wavを聴いて「何HzをQいくらで何db上げたり下げたり」すればMaschineがSP-1200っぽくなるか教えてください。

よろしくおねがいいたします <(_ _)>


"e-mu SP-1200"のYouTube動画 powered by Google

※関連のない動画が表示されることもあります。