PioneerがREMIX STATION「RMX-1000」を発表!

スポンサーリンク

追記:Pioneer REMIX STATION「RMX-1000」のホワイトバージョンを発売!
PioneerがREMIX STATION「RMX-1000」を発表!
PioneerがREMIX STATION「RMX-1000」を発表!

PioneerがREMIX STATION「RMX-1000」を発売しました。

価格は、69,800円(税込、送料込)が相場のようです。
楽天の売り場を見る
サウンドハウスの売り場を見る

関連動画




製品概要

本機は、操作部をエフェクト機能ごとに4つにグルーピングし、楽曲を今まで以上に、直感的にかつ多彩にアレンジすることが可能です。また、エディティングソフトウェア 「remixbox」を使用することで、各種エフェクトを自分好みに設定でき、より個性的なエフェクトサウンドを楽しめます。さらに、コンピューターに接続し、VST/AUプラグインソフトウェア「RMX-1000 Plug-in」を起動すると、本機をコントローラーとしてDJプレイ時と同じ感覚で楽曲制作に使うことができます。
持ち運びに便利なコンパクトサイズなので、自宅やクラブ、スタジオなどのDJ機器に接続してオリジナリティのあるDJプレイを楽しめます。

主な特長

1)直感的な操作で楽曲の展開を自在にコントロール可能

エフェクト機能ごとにグルーピングされた4つのセクション(操作部)には、操作しやすいツマミやボタンを配置しています。また、それぞれのセクションのエフェクトを組み合わせて、より個性的なアレンジを直感的に行うことができます。

直感的な操作で楽曲の展開を自在にコントロール可能

(1)「SCENE FX」

各エフェクトは「BUILD UP(音追加系)」と「BREAK DOWN(音カット系)」の2つに分類され、中心の大きなツマミを回すだけで、楽曲の盛り上がりをさらに強調したり、楽曲にブレイクをはさむなど、新たな楽曲展開を作り出すことができます。また、各エフェクトには多彩な変化をつけることができる2つのサブパラメーターがあり、オリジナリティのあるDJプレイが可能です。

【エフェクト】

BUILD UP BPF ECHO 再生音にバンドパスフィルターを通した音を重ねて反響音を加える
ECHO 設定拍に合わせて反響音を加える
NOISE 本機内部で生成したノイズを再生音に重ねる
SPIRAL UP エコーの反響時間を変えながら音程を上げる
REVERB UP 残響効果を加え、残響時間の変化とともに残響音の音程を上げる
BREAK DOWN HPF ECHO ハイパスフィルターを通した音に反響音を加える
LPF ECHO ローパスフィルターを通した音に反響音を加える
CRUSH ECHO 再生音を壊したような音にして反響音を加える
SPIRAL DOWN エコーの反響時間を変えながら音程を下げる
REVERB DOWN 残響効果を加え、残響時間の変化とともに残響音の音程を下げる

(2)「ISOLATE FX」

DJ ミキサーのISOLATORのように、楽器ごと(周波数帯域ごと)に音を加工することができます。このセクションにはISOLATOR に加え3種類のエフェクトを搭載し、リズムパターンや音色などをHI/MID/LOWの周波数帯域別に自在に変化させることができるので、 ISOLATORを使う感覚で個性あふれるDJパフォーマンスを行えます。

【エフェクト】

ISOLATOR 低音域、中音域、高音域それぞれの音量調整
CUT/ADD <左回し>LOWツマミ:再生音のバスドラムの音のみをミュート
MIDツマミ:ハイパスフィルターによる音量調整
HIツマミ: :ローパスフィルターによる音量調整
<右回し>周波数帯域別のマルチタップディレイを加える
TRANS/ROLL <左回し>周波数帯域別に設定拍に合わせて再生音をカットする
<右回し>周波数帯域別に設定拍に合わせて再生音をループ再生する
GATE/DRIVE <左回し>周波数帯域別に設定値よりも低い音量の再生音をカットする
<右回し>周波数帯域別に再生音を歪ませる

(3)「X-PAD FX」

タッチパッド操作により、原曲にはない新たな音を楽曲のリズムに合わせて追加し、楽曲展開を多彩に演出できます。内蔵されている4種類の音(KICK/SNARE/CLAP/HI HAT)に加え、「remixbox」で編集した音をSDカードから読み込むことで、好みのサウンドによるDJプレイも可能です。

(4)「RELEASE FX」

「RELEASE FX」のレバーを倒すことで、楽曲の音を消してエフェクト音のみを出し、楽曲に新たなアクセントを追加したり、ミックス時の効果音として使うことができま す。また、レバーを戻す際にすべてのセクションのエフェクトをOFFする機能を兼ねているので、エフェクトのかかった状態の楽曲から原曲に戻すパフォーマ ンスも可能です。

【エフェクト】

VINYL BRAKE 再生音の再生速度を徐々に遅くし、最終的に停止する
ECHO 再生音を停止し、設定拍に応じた反響音を出力する
BACK SPIN 再生音を高速で逆再生させたような音を出力し、最終的に停止する

2)さまざまなニーズに柔軟に対応できる、ユーザーカスタマイズ機能

同梱の専用エディティングソフトウェア「remixbox」を使用することで、本機の各種パラメーターの数値や種類を変更することができます。エフェクトをカスタマイズすることで、より個性的なDJプレイを楽しめます。

3)DJプレイと同じエフェクトを楽曲制作でも使用できる、VST/AUプラグイン機構

VST/AU プラグインソフトウェア「RMX-1000 Plug-in」により、楽曲制作用アプリケーション上でDJプレイと同じエフェクトを使用できます。これにより本機をコンピューターに接続し、コント ローラーとして使用することができ、各種機能をDJプレイ時と同じ感覚で、直感的に楽曲制作に使えます。

4) クリアでパワフルなDJサウンドを実現する高音質設計

オーディオ回路設計の部品レイアウトや基板パターンの最適化などによるノイズ低減により、高音質を実現しています。

5)その他の特長

  • 楽曲解析をリアルタイムで行い、エフェクトを楽曲の拍位置に同期させる「QUANTIZE」機能を搭載
  • 楽曲テンポを自動で測定して追従する、新しい「AUTO BPM」機能を搭載
  • 持ち運びに便利なコンパクト設計
  • MIDIコントローラーとしても使用が可能な「USB-MIDI規格」に対応

主な仕様

入力端子 RCAピンジャック × 1
フォーンジャック(Φ6.3 mm) × 1
出力端子 RCAピンジャック × 1
フォーンジャック(Φ6.3 mm) × 1
その他の端子 USB B端子 × 1
サンプリングレート 48 kHz
A/D,D/Aコンバーター 24 bits
周波数帯域 20 Hz ~ 20 kHz
全高調波歪率 0.005 %以下
S/N比 102 dB
ヘッドルーム 20 dB
ソフトウェア remixbox™、RMX-1000 Plug-in
外形寸法 334 mm (W) × 157 mm (D) × 57 mm (H)
質量 1.3 kg

詳しくはメーカーサイト
楽天の売り場を見る
サウンドハウスの売り場を見る


"Pioneer RMX-1000"のYouTube動画 powered by Google

※関連のない動画が表示されることもあります。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする