novation アナログシンセサイザーBass Station II を発表!

スポンサーリンク

novation アナログシンセサイザーBass Station II を発表!

novationがアナログシンセサイザーBass Station II を発表しました。
発売日は2013年7月発売予定、価格は不明です。
詳細な発売日や価格がわかり次第おってご報告します。

シンセ好きには期待度の高い製品ではないでしょうか。

Bass Station II はベースサウンドに特化したモノボイスのアナログシンセサイザーです。しかしながらそのサウンドエンジンは非常に多彩で、鋭いリードサウンドや歯切れの良いアルペジオサウンドも魅力です。オリジナルの Bass Station の特徴を活かしつつも、新たに設計し直したモジュレーション、エフェクト、フィルターなどを装備し、オリジナルサウンドを継承しつつも、より多彩かつ良いサウンドに仕上げることに成功しました。

エフェクト部も含めて、ピュアアナログのシグナルパスの Bass Station II は現在生産されているシンセサイザーの中でも希有の存在と言えます。操作パネルはオリジナル機の配置を継承し、一般的なシンセサイザーに必要なパラメーターにすべて専用のツマミやフェーダー、スイッチを用意した贅沢な設計です。さらに 64 のキラーサウンドパッチが用意され、Bass Station II の魅力をすぐに堪能できます。これとは別に 64 のオリジナルサウンドを保存するスペースが用意され、お好きな音色を保存し、いつでも呼び出すことも可能です。加えてコンピューター上でより多くの音色を管理することができます。 25鍵のキーボードは、ヴェロシティーと設定可能なアフタータッチに対応します。このシンセサウンドを演奏するために開発された鍵盤は、軽いタッチとシンセエンジンへの高いレスポンスが特長です。Bass Station II は標準的なMIDI機器として、MIDI入出力とUSB接続で、外部の音源やMIDIデバイス、コンピューターと繋ぐことができます。

novation アナログシンセサイザーBass Station II を発表!

シンセエンジン概要

オシレーター:
Bass Station II は、3つのアナログオシレーターとノイズジェネレーターを装備します。2つの完全独立したオシレーターと1つのサブオシレーターによって構成され、豊かなアナログ シンセベース サウンド を生み出します。オシレーター1と2はサイン、ノコギリ、矩形波と様々なパルスワイズ波形を生成し、サブオシレーターであるオシレーター3は、オシレーター1のオクターブ下または2オクターブ下で矩形、サインまたは狭いパルスワイズ波形を生み出します。これによって特徴的で図太いベースサウンドを得ることができます。

フィルター:
2機のディスクリート仕様のアナログフィルターは、伝統的な効果から ダイオード仕様のフィルターによる “303” 風のアシッドサウンドを演出します。オーバードライブも装備したフィルターは、ハイパス、ローパスそしてバンドパスの3モードを設定可能で、12dBのなだらかなカーブまたは24dBの鋭いカーブを選ぶことが可能です。

エフェクト:
Bass Station II はフィルターオーバードライブ以外に、2機のエフェクトを装備します。アナログディストーションは、暖かみと5次倍音を加える際に役立ちます。もう1つのエフェクトである ‘Osc Filter Mod’ はオシレーターを使用した特別な FM 変調に似た効果を生み出し、ベースやリードサウンドの太さをより際立たせる際に便利です。

モジュレーション:
2機のエンベロープ ジェネレーターと2機の LFO を装備し、より多彩かつ生き生きとしたサウンドを演出します。1機目のエンベロープは ADSR 仕様のアンプリチュードに対して作用し、2機目はモジュレーション エンベロープとして、フィルター周波数、オシレーターピッチ、パルスワイズに適用します。4つのLFO波形を装備した2機の LFO は、オシレーターピッチとパルスワイズ/フィルター周波数のそれぞれに変調効果をもたらし、更に特別な ‘LFO Slew’(LFO スルー)パラメーターで LFO 波形を変化させ、より多彩かつ特徴的なモジュレーション シェイプを生み出します。

アルペジエーターとステップシーケンサー:
Bass Station II にはアルペジエーターとステップシーケンサーを装備し、更なるパフォーマンスに役立ちます。32 のリズミックアルペジオパターンはオクターブ範囲とアルペジオの方向を自由に変更できます。ステップシーケンサーは、最大で4つのシーケンスを扱うことが可能で、32 のリズミックパターンの1つとして設定することも可能です。ステップシーケンサーは、パフォーマンスからフレーズのアイディアスケッチ、さらには音色の試聴にも利用できる便利な機能です。

novation アナログシンセサイザーBass Station II を発表!

主な特長

・アナログシンセサイザー:最新バージョンの Bass Station
Bass Station II はピュアアナログのシグナルパスで、オリジナル Bass Station の魂を宿し、シンセベースに特化した新設計

・2機のディスクリート仕様のアナログフィルターを装備
オリジナル Bass Station と同じ 12/24dBのマルチモード仕様のクラシックフィルターに加えて、 新設計の ‘アシッド’ フィルターを装備

・豊富なキラープリセット
Bass Station II は 64 のファクトリープリセットに加えて、 64 のユーザープリセットエリアを用意しています。お好きなサウンドをいつでも呼出しと保存が可能

・ステップシーケンサーとアルペジエーター
Bass Station II は、リズミックなパターンのアルペジエーターとオリジナルパターンを プログラミング可能なステップシーケンサーを装備

・専用のパラメーターコントロール
シンセサイザーの操作に必要なパラメーターそれぞれに専用のコントロールを用意し、 直観的な音作りとパフォーマンスをサポート

・合計3機のオシレーター
Bass Station II は、2機のメインオシレーターとサブオシレーターを装備した贅沢仕様です。 メインオシレーターは4種類の波形を生成し、自由なチューニングとシンク機能を装備します。 サブオシレーターは、ベースサウンドを際立たせるのに便利。

・アナログエフェクト
Bass Station II はエフェクトもアナログ仕様です。 フィルターオーバードライブはアグレッシブなドライブサウンド、ディストーションは暖かみのある歪みを生み出します。 さらにフィルターモジュレーションエフェクトは特徴的なサウンド効果を演出。

・多彩なモジュレーション
2つのエンベロープと2つの LFO はアンプリチュード、ピッチ、パルスワイズおよび フィルター周波数に変調効果をもたらします。 三角、ノコギリ、矩形波、サンプル&ホールドの LFO 波形に加えて、 特別な ‘スルー’ パラメータによってより多彩な効果を実現。

・MIDI 入出力と USB接続
Bass Station II MIDI機器に加えて、USB端子によるコンピューターと直接 MIDI 情報の送受信が可能。

・特別設計の鍵盤
25鍵(2オクターブ)仕様のフルサイズ鍵盤は、シンセサイザーの演奏のために特別設計され、 ヴェロシティ、アフタータッチ アサインの対応もちろんのこと、シンセエンジンの最適化されたタッチが魅力。

代理店サイトを見る

novation Bass StationII
Aアマゾンを見る
R楽天を見る

"Bass Station II"のYouTube動画 powered by Google

※関連のない動画が表示されることもあります。
スポンサーリンク